限定承認を弁護士に相談して財産だけを相続する

相続は、亡くなった人の財産や権利を全て受け継がなくてはいけないわけではありません。遺産の相続はあくまでも権利であって、強制的に法律で継承することを義務付けられているわけではありません。権利を持っている人がその権利をどのようにして行使するかは、実際に財産を見て判断しないとできないことです。仮に、亡くなった人の財産の中に権利を持っている人にとって都合の悪いものしか存在しないのであれば、そのような財産は引き継ぐことはありません。

では、財産と負債が混合していた場合にはどのようにすれば良いのでしょうか。財産と負債がそれぞれ入っていた場合には、財産と負債の差額を計算して余った利益だけ都合よく相続をすることも可能です。このような方法は限定承認と呼ばれています。限定承認は、利益だけを権利者に対して継承させる方法なので、亡くなった人の債務に関しては一切責任を負いません。

もちろん、財産と負債を計算して負債の方が多いときには相続を放棄して全ての責任から逃れることも可能です。限定承認をするときには、亡くなった人の財産と負債を正確に把握しておかなくてはいけません。財産と負債の全体像がわからないと計算をすることは出来ませんし、限定承認によって得た財産に対しても相続税は課せられるのでその分の計算もしっかりと行わなくてはいけないからです。限定承認をするときには弁護士や税理士に正しい財産を計算してもらうことが大切になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*