相続は分割して行われます

かつては、一子相続が基本でしたが、今では相続はしっかりと分割をする必要があります。配分者は半分、子供が半分です。子供は人数がいれば、それで更に均等に分割をするのが基本になります。但し、この基本となる、と言うのが大きな問題となる場合があります。

分割して相続をさせるわけですが、必ずも均等が義務付けられているわけではないです。それは遺留分をクリアしていればそれでよいからです。そこが難しいことであり、相続が大変揉める行為となる可能性が出る要素です。ちなみに勘違いしている人が多いですが、配偶者、或いは子供がいる場合、直系尊属や兄弟、姻族にはほぼ相続権がないです。

かなり遠回りになりますが、直系、血縁があればないこともないですが、配偶者と子供がいれば、そちらが優先されます。これが基本ですが、そこで話に割り込んでくる親戚が出てくるから揉めるわけです。もちろん、骨肉の争いもありますが、そうではなく、法律的にまったく関係ない人が話に割り込んでくることが揉める原因になるので、それは掣肘するべきであるといえます。お金が少なからず、影響してくることです。

実は2000万円程度から揉めるケースがグンと増えていきます。統計データとして如実に顕れています。目先の数百万円、数千万円のほうが億単位よりも揉めることがあるのは実におかしな話です。しかし、事実でもありますから、しっかりと弁護士などに配分の相談をしておくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*