分割相続とはどのようなものか知る

「分割相続」という言葉をテレビでよく聞くようになりました。しかし、言葉だけは知っているものの、内容までは説明できないという人がかなりいます。分割相続とは故人の遺産を各相続人に分配させることをいいます。手続きをいつまでにしなくてはいけないという決まりは特に存在しないため、いつでも財産を分けるすることができます。

分割の対象になるのは預貯金などの金銭だけではなく、土地や車といった資産も対象になります。お金と資産の両方を複数人で分けるときには、資産の価値を査定して均等になるように工夫します。実際に手続きをするためには、財産を受け取る人すべての合意が必要になります。方法として協議が用いることが多いです。

裁判をすることもありますが費用がかさんだ結果、相続額が少なくなってしまうことが多く、あまり行われません。もちろん故人は分割を拒否する権利があります。その意思を示すものが遺言です。遺言があれば協議をストップさせたり、遺産を分けた後でも結果を無効にできます。

遺言を書くときや、遺産を相続するときは弁護士などの法律に関する専門的知識を持った人が不可欠です。遺言には厳密な決まりがあり、それをすべて満たさないと遺言としての効力を持ちません。遺産を分割するときに専門家を介入させず、素人だけで行ってしまうと額の不均衡などの予期しないトラブルが起きて、仲の良かった家族が分裂するケースが非常に多いです。このようなことを防ぐためにもやはり専門家の助言は欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*