不動産を遺産相続した場合に覚えておきたいことは

建物を遺産相続するという場合に不動産に関係する権利問題を理解していなければ様々なトラブルに巻き込まれてしまう場合があります。そのため基本的な重要事項は覚えておかなければなりません。一つのケースを考慮してみましょう。Aには子供BとCがおり、Aが亡くなりAの不動産をBとCが遺産相続するという状況ではどのような点を明記しておくことが必要でしょうか?この場合、まず遺産分割協議を行い不動産を共同相続して持ち分を半分ずつにするのか、あるいはBかCのどちらかが単独で不動産を相続するのかを決める必要があります。

相続する者が決まったならすぐに所有権移転登記をする事が非常に重要となります。登記が無ければ善意の第三者に勝てない場合が多くあるからです。しかし覚えておきたい点としては、もしBがCに無断で建物を単独相続するという所有権移転登記をして、第三者であるDにBが売ってしまった場合、Dの登記をしてあるから所有権は全てDの物だと主張された場合、知識が無ければ渋々受け入れてしまう事も考えられますが、この場合はCに登記が無くても、Dに対してその建物の自分の持分についての所有権は主張する事が出来るという点を覚えておくと身の守りとなります。しかし登記が無ければ別のケースなどの場合に対抗できない事も多くあるため、遺産相続をして所有権移転登記の必要な建物や土地などを相続する事があるならすぐに登記手続きを行って所有権を明確にしておく事が大切となります。

土地や建物の遺産相続をする場合は一度、司法書士や行政書士、あるいは不動産業者にいる宅地建物取引士に相談してみる事をお勧めします。失敗しない遺産相続を行うためにも法律のプロに相談する事で相続にまつわるトラブルを極力回避させる事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*