遺産相続の相続放棄とは

一生のうちにそれほど多く経験することはないかもしれませんが、自分が法定相続人になることがあります。被相続人が財産や負債を残していたときには、遺産相続する立場になるのです。通常は法律や遺言書、遺産分割協議などに沿って、遺産が分割され、相続することになります。しかし、その遺産相続をしないという選択をすることができます。

それを相続放棄といいます。相続放棄をする理由はいくつかあるのですが、主なものとしては、被相続人との縁が薄いので辞退したい、遺産相続争いに巻き込まれたくない、または被相続人の負債が資産を上回っている場合などです。特に、被相続人の負債があまりにも多い場合には、その負債を相続してしまうことになります。そのような状況を避けたい場合には所定の手続きをすることで、相続放棄をすることができます。

ただし、その相続放棄もいつでも可能というわけではありませんので、注意が必要です。最も気をつけておきたいことは、相続放棄の意思を自分が相続することを知った日から3ヶ月以内に申立てをしなければなりません。申立先は家庭裁判所です。家庭裁判所に相続放棄申述書を受理してもらい、通知書や証明書を発行してもらいましょう。

もし、この手続きをしないまま3ヶ月以上経過してしまうと、相続の意思があるとみなされます。たとえ相続人との話合いの中で、自分は相続放棄をしたいと伝えており、相続人の間では周知の事実であったとしても、法的効力はありませんので、必ず家庭裁判所に申立てを行うことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*