3種類ある遺産相続の選択方法

遺産相続は亡くなった人の財産を配偶者や子供、孫などが継承する事です。不動産や預貯金、宝石、美術品などのプラス財産のほか借金などのマイナス財産も引き継ぐ事になります。亡くなった方は被相続人と呼ばれ遺産を受ける方は相続人と言われます。遺産相続は被相続人が亡くなった時に開始されます。

相続人がたくさんいる時には遺産は共有となり相続人全員で話し合いをして決めます。決定するまでに勝手に処分する事はできません。遺言書があるときには遺言書が優先されますがない時には民法の規定により分けられます。遺言書の内容に不服があるときには申し立てをする事ができます。

遺産相続の時には借金を含めたすべての財産目録が必要です。財産目録により相続人が相続財産を選択する方法を選ぶ事ができます。相続には3つの方法があり負債を含むすべての財産を相続する単純承認と負債が多い時条件付で相続する限定承認、すべてを放棄して財産を相続しない相続放棄の3種類です。相続が開始されてから3か月以内に手続きをしないと単純承認したことになりますから注意が必要です。

すべての財産や一部の財産を処分した時も単純承認したことになります。限定承認や相続放棄の手続きをした後でも相続財産を隠したり処分した時は単純承認をしたとみなされます。限定承認、相続放棄の手続きは家庭裁判所に提出します。限定承認は相続人全員の同意が必要ですが相続放棄は単独で行う事ができます。

相続放棄の手続き後は特別な理由がない限りは取り消す事ができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*