金融財産を相続するなら弁護士に相談

親がなくなってから発生する相続問題。これには財産の名義や登記を書き換える作業が必要になってきます。たとえば、この作業が面倒だからと放置してしまった場合、思いも寄らないような支障がでてきてしまうこともあります。財産は、土地や預貯金だけでなく、株式や保険などもあるかもしれません。

それぞれに手続きが必要になってきます。金融機関での手続きに必要な書類も、金融機関で変わってきます。実務上必要なものとして、遺言書がある場合には遺言書、戸籍謄本が相続人の数だけ、被相続人の出生~死亡までの戸籍謄本、印鑑証明、場合により遺産分割協議書、各金融機関の用意する相続手続き書、などなど。最低でもこれだけのものがあります。

金融機関以外(たとえば不動産登記手続など)も、もちろん個人で行なうことは可能ですが、これも場合によってはかなり複雑な手続きを要します。このように、すべての財産の相続のために、それぞれの財産ごとに必要な書類が違う上、財産ごとに複数の書類が要求されるので、財産の種類が多ければ多いほど、書類を集めてまとめるだけでも大変な作業になってきます。そのため、専門家の助けを求めてしまった方が費用対効果が優れている場合もあります。この場合の専門家の代表といえば弁護士です。

弁護士は金融機関や証券会社や保険会社への必要書類を取りまとめてくれたりもしますし、不動産の名義変更や登記に関してもプロです。自分では手続きに不安があるという方は、たとえば無料相談などもありますので、弁護士に相談してみるのもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*