金融関係の相続を弁護士にすること

金融関係というのは、意外と揉める要因になりますから、しっかりと相談しておくべきです。色々と相談をすることができるところはありますが、基本的には弁護士がベストです。金融関係といっても、要するに財産です。そして、その一つの相談内容が相続です。

不動産は難しいですが、金融資産であれば、年間にいくらかの贈与が認められます。つまりは、無課税で行なうことができるわけです。これがとても重要なことですから、しっかりとそのことを相談したほうがよいです。弁護士は節税のやり方も知っていますから、それなりの財産があれば、是非ともしっかりとした行動を提示してもらうべきです。

相談に関しては、それだけでも費用がかかることがあります。それは弁護士業務としては仕方ないことであるといえます。相談料が発生しますから、覚悟しておくことです。しかし、事前に分かることでもあります。

また、相続の場合は自分が受け継ぐ側でない時は確実に実行されるかどうかを依頼するわけです。つまりは、相続をキチンと自分の遺志通りに遂行してもらう為に雇うわけです。ちなみに出来ること、出来ない行為がありますから、出来るだけそのあたりもしっかりと弁護士に相談するべきです。そもそも今は基本的に相続させるのは公平であることが基本です。

遺留分をクリアしていれば、それでよいですがそこも揉める要因になります。ですから、相続人を納得させられるような割合にしないと後々大変になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*