相続税対策に生命保険を利用する

平成27年1月1日から相続税が改正されました。以前は相続をしても多くの人が基礎控除額の範囲内に収まっていたので、相続税を支払わなければならない人が限られていました。しかし改正されたことで、対象者が大幅に増えて一般人にも向けられる課税の意味合いが強くなりました。税金を納めても余裕がある場合は問題ありませんが、経済的負担が重すぎると社会生活に影響を及ぼします。

相続税の分割払いでは、利息が発生します。そこで生命保険で相続税対策を行うと良いです。生命保険における保険金は、全額損金扱いとなるので、税金がかかりません。相続財産から保険料を払うことで、課税の対象になる財産自体が減って、相続額が基礎控除額の範囲内になります。

もし課税対象に含まれても、生命保険を利用していないときと比べると、払う税金を安くすることができます。また生命保険の受取金には、非課税になる金額が決まっています。よってその範囲内であれば税金を一切払わずに財産を相続できます。また生命保険は節税対策以外でも役に立ちます。

遺産相続で生じるトラブルには、相続する財産の分配が曖昧でスムーズに行われないことです。生命保険は明確な遺言を残していなくても、既に受取人が決まっているので、相続しやすいです。遺言書の内容が法定相続人が最低限相続できる財産を侵害した場合でも、死亡保険金は遺留分とは見なされません。残したい人に確実に財産を渡すことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*