相続税を減らすことのできる小規模宅地等の特例

家族の誰かが亡くなった場合に必ず発生するのが相続ですが、この相続では亡くなった人の財産を受け継ぐことができると同時に、相続をした財産に応じて相続税を支払わなくてはなりません、相続税にはあらかじめ基礎控除が設けられているため、相続をしたからといって必ず相続税が課税されるわけではありませんが、亡くなった人が生前にまとまった財産を所有していたような場合には、その財産を受け継いだ相続人にかなりの金額を課税されてしまう恐れがあります。そのため、実際に相続をすることが決まったときに備えて、少しでも相続税の金額を抑えることのできる知識を身に付けておくことが大事になってきます。相続税の金額を抑えるための対策方法にはいくつもの手段がありますが、現在、賃貸の住宅に暮らしているのではなく自宅を所有している家庭の場合、相続が決まったときに使える特例があります。この特例は小規模宅地等の特例と呼ばれるものですが、もしも、被相続人が亡くなった場合、その人が保有していた宅地の評価を大きく減額してくれる制度となっています。

この特例が自宅として使用している宅地に適用されれば、その宅地の面積が330㎡までの部分については評価を80%減額してもらうことができます。そのため、被相続人が自宅を所有している場合には大きな節税をすることが可能になっています。ただし、被相続人が自宅を所有していたからといってすべてのケースでこの特例が適用されるわけではありません。所定の条件を満たしている必要があるという点には注意が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*