複数の相続人で金融資産を分割する際の弁護士相談

不動産などの資産を譲り受ける場合には、遺産を譲り受ける権利を保有する方が相談して、分割協議をすすめなければなりません。遺産分割の協議では、権利を有する方が全て納得した上で協議を進める必要もあり、不動産の場合は登記事項証明書などの書類作製も必要とされます。とりわけ、建物などの不動産の相続では分割協議が難航するケースも見られ、書類作成の手続きで不備があると申請が却下される場合もある為、弁護士の方からのサポートが不可欠です。不動産などの金融資産の分割協議では、数多くの必要書類の準備が必要で、戸籍や住民票、印鑑証明だけではなく、固定資産を評価した証明書や正確な分割協議の書類も提出が義務付けられています。

そのため、書類作成や提出での不備を回避するためにも、弁護士からの協力が欠かせないのです。また、複数の相続人がいる場合、預貯金などの分割しやすい金融財産の場合でも、金銭的に揉めてしまうケースがあります。そのため、法定相続のルールに則ったかたちで、正確な金額を導き出す必要があります。弁護士のアドバイスに従い、法的相続の規定のルールの則ったかたちで、遺産の相続する割合が決まれば、親族間で揉める事も少なくなる傾向が見られます。

また、生前贈与などを行う場合でも、公的に認められる遺言書の作成が必要になり、不備がある場合には認められないこともあります。そのため、弁護士からの指南は不可欠な要素とされ、法律に則ったかたちで金融資産の問題をクリアしていく事が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*