生前贈与で相続税対策を

誰しも多少なりの財産を長い人生の中で築き上げていくものですが、その築き上げてきた財産は自分が死んだ後にはすべて相続人である配偶者や子供、孫などに相続によって受け継がれることになります。その際に自分の名義であった財産の全額が相続人たちの手にわたるのであれば特に問題はないのですが、相続人たちによって財産が受け継がれる際にはその金額に応じて相続税の課税対象となってしまいます。自分が築き上げてきた財産をできるだけ多く配偶者や子供、孫たちなどの相続人たちに受け継いでもらいたいと考えるのは誰でも一緒でしょうが、そのためには自分がまだ生きている比較的早い段階から可能な限り相続税対策をしておくことが必要になってきます。相続税は相続人たちが受け取った財産の金額に応じて税額が計算される累進課税となっているので、相続時に相続人たちが受け取る財産の額を低く抑えることができれば相続税の額も低く抑えることができるようになります。

そのため、少しでも課税対象となる相続財産を減らすためには、生前贈与を早い段階からしておくことが相続税対策としてとても有効な手段となります。被相続人が財産を相続人たちに生前贈与をした場合、年間あたり110万円以下であれば贈与税の対象とはなりません。そのため、この生前贈与という制度を上手に活用することで、税金が課税されることなく効率的に相続財産の金額を減らしていくことができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*