消費者金融問題のように交通事故は弁護士依頼で有利に

交通事故にあうと、被害者は加害者に、けがの治療費をはじめ、各種慰謝料や休業損害などの損害賠償を求めることができます。多くの場合、加害者が加入している自動車保険会社との交渉となりますが、ここで提示される額をめぐって紛争になるケースも少なくなりません。自分が受けた損害がしっかり反映されていないと感じ、不満を訴える被害者も多いのです。こうした場合、専門知識を持ち交渉に長けた保険会社の担当者を相手に、自分の主張を認めさせるのは困難を極めます。

そこで、法律のプロである弁護士のサポートが必要となります。法律事務所は、離婚などの家庭問題や、金融分野など、それぞれ得意分野を掲げていることが一般的です。その中でも特に交通事故案件を得意とする法律事務所ならば、けがや障害に関する医学的知識も持っている弁護士が所属しているので、信頼して依頼できるでしょう。保険会社の提示する賠償額が低い主な理由の一つは、そこで用いられる算定基準が保険会社独自のものであるからです。

これは、一般的に交通事故の裁判の際、使われる基準よりもかなり低い金額になります。弁護士は、裁判基準を用いて交渉するため、賠償額の増額を期待できるのです。また、障害を負った場合は、その等級認定が実態より小さいこともあります。このような場合も弁護士に相談し、病院で適切な診断をしてもらった後、異議申し立てを行うことにより、等級がアップし結果として賠償額が上がる可能性も高いのです。

交通事故の損害賠償の問題は消費者金融の問題と共通することがあります。交通事故や消費者金融の問題の被害者が、弁護士に依頼すると結果に大きな違いが出ることがある、という点です。ですので、不満がある場合は一人で悩まず、すぐに相談してみることをおすすめします。広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*