弁護士に交通事故の対応を依頼するメリット

交通事故が発生した場合、事故処理をはじめとし、双方の契約先の保険会社と調整した上で自分対相手という過失割合を決定するのが一般的となります。また、事故が発生すると保険会社からの保険金がからみ、過失割合で決定されて支給と後の保険料が変動される仕組みとなっています。さて、交通事故には衝突事故、橋からの転落事故や踏切事故など様々な種類があり、国内では衝突事故が一般的となっています。また、大抵の事故の場合、保険会社は加害者の味方をする傾向にあるため、被害者に支払われるべき保険金よりも低い金額を提示する傾向にあり、保険会社の言いなりに従うのは損をしてしまうケースもありえるのです。

それを踏まえ、法律のプロである弁護士の中には交通事故に特化した弁護士も存在します。弁護士は、交通事故の対応の場合、保険会社や相手方と法律を軸に交渉し、慰謝料などの保険金を適切な状態にするのが主な役割です。あるケースでは、保険金の提示額が0円だったのが弁護士による交渉により、数百万円まで提示額が跳ね上がった事例があるほど、適切な交渉が成立する可能性が高いのです。通常、弁護士を利用すると相談料、着手金などかかり、費用が高額になるのが現状です。

しかし、交通事故といった緊急を要する依頼は、ほとんどが相談料、着手金が無料です。仮に費用がかかったとしても成功報酬制が基本となっているため、慰謝料などから数十%を天引きするシステムとなっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*