交通事故の弁護士選びは費用がポイント

生活をしていると想像していなかったトラブルに巻き込まれる事もあります。例えば交通事故は誰にでも可能性がある物でしょう。自分が被害者になるのも加害者になる可能性もあります。どんなに注意をしていても、自分の責任では無くて被害を被ってしまうことも珍しくありません。

そんなトラブルに遭遇した時に、弁護士はとても頼りになってくれます。交通事故のトラブルとしては被害者になった時の賠償金があります。保険会社が想定より遥かに下の賠償金額を提示して来た場合には、納得出来無い方も多いのではないでしょうか。しかし交渉をしようとしても、様々な理由で増額をしない保険会社もあります。

そこで諦めてしまう必要はありません。そんな時に弁護士に相談をすれば、賠償金をアップできる可能性があるのです。何故ならば弁護士は保険会社が設定した算定基準では無くて、裁判所の判例によって賠償金の計算をするからです。この場合、保険会社の算定基準よりも裁判所の算定基準の方が賠償金の金額が大きいのが理由と言えるでしょう。

ただしどんな弁護士でも良い訳ではありません。それに費用がかかるのも忘れてはならないでしょう。交通事故の賠償額は被害次第では何億円もの大きな金額になるケースもあります。そうなると弁護士費用も高くなるのです。

だからこそ余計に弁護費用を明確にしている所に依頼しなければなりません。曖昧な受け答えや料金体系が分かり辛ければ費用を公表している他の事務所と比較をすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*