交通事故専門の弁護士に依頼するメリットとデメリット

交通事故の被害者となり示談交渉をすすめていくなかで、示談に合意してしまえば、そこで損害金額は決まってしまいます。納得できる損害金を得るためには、証拠をそろえて粘り強く交渉していくことも必要ですが、不満がある場合は法的手段も視野にいれることも必要です。法的手段となると、交通事故を専門としている弁護士に依頼することも検討しなくてはなりません。弁護士に委任することのメリットは面倒なことや難しいことをまとめて任せることができますので、法律知識に基づいた示談内容の検討や役所窓口に足を運んでの慣れない書類集めやプロの保険会社担当者との交渉などを一括して任せることが可能ですし、定職を持っている人は仕事を抜けたり、休んだりする必要がなくなるので時間のロスを減らせます。

また、裁判所基準の賠償金額を得られるというのもメリットです。デメリットとしては費用がかかるという点です。これがあるために弁護士への依頼を躊躇する人も多く、結果的に納得いかないまま示談に応じるということも多々あります。その躊躇をなくすためにも、自動車保険の特約で弁護士費用等の担保をつけておくことも検討することが必要です。

また、車を持たない人でも弁護士費用を保障してくれる単体の保険があり、交通事故以外でも適用されます。高齢化が進む中、事故を起こすあるいは巻き込まれる可能性も増えており、こうした費用負担を心配する必要がなければ、訴訟まではいかないまでも専門家への相談やアドバイスをもらいやすい環境をつくることができますので、万が一に備えておくことも大事です。広島の交通事故の弁護士のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*